デルタ航空 上級エコノミー

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
上級エコノミーの様子

ビジネス席は片道プラス10万かかるので、上級エコノミー席があれば片道プラス2万円なのでこちらがおすすめ。上級エコノミーがない場合はエコノミーで十分です。

飛行機の座席クラスはどうするか?

JTBに行ってツアーを決定するときに座席はどうしますか?と聞かれました。

その時まで「まあ、ハワイだしエコノミーかな」と考えていました。

でもシオゾー夫婦が乗る予定だったデルタ航空にはエコノミー以外にもビジネスクラス、上級エコノミーがあったのです。

パンフレットの後ろにいろいろな航空会社のビジネスクラス追加プランが載っていました。これらの料金は時期によってかなり上下します。

たとえばJALの場合、ビジネスクラスの追加プランは

12/3~12/7  片道 65,000円/往復120,000円
12/8~12/13  片道 95,000円/往復180,000円
12/14~12/26 片道120,000円/往復230,000円
12/27~1/2  片道340,000円/往復670,000円

と、年始年末はまるで冗談かのように跳ね上がります。この料金設定、全日空やユナイテッド航空、大韓航空も似たようなものでした。

デルタ航空の場合、少し安くなってます。

12/3~12/7  片道110,000円
12/8~12/20  片道130,000円
12/21~12/26 片道250,000円
12/27~1/2  片道500,000円

でも片道で11万ですよ!(シオゾーが出発した10月末は14万円でした)

 

エコノミーとビジネスクラスの違いとは?

この料金の差はいったい何なのか?各社、微妙に違うところもありますが、一言で言うと

・ビジネスクラスは席がフラットになるか、限りなくリクライニングで後ろに倒せる。

・座席が広く、前の席を気にすることなく足を伸ばせる。

・食事がワンランク上の豪華さ。

デルタ航空の場合、ビジネスクラスは席が斜めに重なるように配置されており、一人分のスペースが広くなっていました。足も思い切り伸ばせて席もフラットになるので寝るときも快適そうでした。

一度は乗ってみたいけど、さすがに高いので躊躇していたら、JTBの人が「上級エコノミーもありますけど」と悪魔のセリフを。

見たら片道2万円の追加で可能です。なんか2万円が思い切り安く思えてしまいました。

でも上級エコノミーって何?

 

デルタ航空の上級エコノミーって?

たまたまそのパンフレットではデルタ航空だけでしたが、上級エコノミーという席がありました。デルタ航空では「エコノミーコンフォート」という呼び方をしているようです。

ちなみにJTBのHPで見ると「プレミアムエコノミー」という座席クラスのカテゴリーがあったのでこれのことかと思います。

上級エコノミーとは通常のエコノミークラス席に比べて、レッグルーム(足元のスペース)が最大10.2cm広く、リクライニング角度が従来の1.5倍大きくなります。

場所も乗り降りの場所からビジネスクラスの次に近い場所です。エコノミー席はその後ろになります。出るときに早く出れるのはちょっと嬉しいです。

上級エコノミーの様子です

上級エコノミーの様子

映画などが見れるモニターはエコノミー席もありました。これは上級とあまり変わりませんね。

海外旅行は長旅です。ハワイといえども8時間くらいはかかります。狭苦しい席に8時間と考えただけでも何かイヤです。

しかも今回は初めての海外旅行ということで、思い切って往復とも上級エコノミーに決めました。

JTBからは「キャンセル待ちなので席が空いたら連絡します」と言われました。出発の1ヶ月前に確認したら席が取れたらしく、メールで最終金額を連絡してきたので銀行振り込みしました。

次回は正直、どうしようかと思ってます。思ったよりも普通に過ごせたので、エコノミーでもいいかなと思います。

たぶん気になるのは体の疲れ具合です。長いフライトの後、ハワイですぐに元気に動きまわりたいなら行きはワンランク上の席にした方がいいかも。

帰りは家に帰ってゆっくりできるからエコノミーでもいいかも。あとは経済的事情次第ですね(^_^;)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。