ハワイ イルカ ツアー

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
ドルフィンエンカウンター イルカ

ドルフィンエンカウンターに申し込む

ハワイに行ったらやってみたかったのがイルカと戯れること。これだけはJTBでツアーを申し込むときにオプショナルツアーに入れておきました。ツアー名称は「ドルフィンエンカウンター」!

最初は海の中に入って一緒に泳ぐのを想像してましたが、そういうのではなくシー・ライフパークというダイヤモンドヘッドの近くにあるイルカやアシカ、ペンギンのいる場所でイルカと遊びます。

行ったのはハワイに着いて三日目。料金は現地払いだったのでシェラトン・プリンセス・カイウラニの隣にあるハイアットリージェンシーホテルの二階にあるJTBのプラザでドルフィンエンカウンターの料金を支払いました。ついでに翌日の半日のオアフ島ツアーにも申し込みました。これは朝8時から夕方4時までのプランです。

シーライフパークへ到着

ドルフィンエンカウンターのツアーの集合場所はワイキキの免税店のDFSギャラリアというビル。ここは日本人がたくさんいる場所です。高級ブランドショップがいっぱい。しかし冷房が強烈なので薄着で入るとマジで体調がおかしくなります。

集合時間は1時15分くらいで1時20分にはJTBのバスへ乗り込みます。いろんなツアーの集合場所になっているので、うっかりするとガイドさんの呼びかけを聞き逃して乗り遅れそうになるので注意が必要です。

バスは途中で海がよく見えるところで10分間下車して撮影タイム。ダイヤモンドヘッドの手前の道路沿いで、とにかく風が強くて撮影しにくい場所でした。

DSC08399

先の方に見えるのがダイヤモンドヘッドです。

やがて30分くらいでシーライフパークへ到着。

シーライフパーク

自分らとあと一組はイルカと戯れるプラン。バスに乗っていた他の人たちはイルカの短いショーを見てみやげ物屋で休憩するだけ。同じバスに乗る人でもけっこうプランは別々だったりします。

楽しかったアシカのショー

しばらく園内を見て回る。ちょうどいい時間にアシカのショーがやっていたのでしばらく見てました。

アシカのショー

言葉なんて分からなくても何やってるか理解できます。

その後、3時10分には別の場所でイルカの準備。外国人のカップルもいます。説明を受けて、しばし待った後にいよいよイルカ。水着になって救命胴衣を着て、イルカのいるプールへ。

DSC08411

これは自分らが行く前にイルカのプールにいた組です。こうやって一列に並んで順番にイルカと戯れます。

事前に説明を受けていたものの、ガイドのお姉さんの英語は超早口。もう2%くらいしか聞き取れない。

このときほど「もっと英語が聞き取れたらなぁ」と思ったことはないです。ただ、向こうもなれたもので要所要所で日本語で説明してくれたので助かった。

説明では、今日は3枚写真を撮る。イルカが頬にキスしているところ、直接キスしているところ、イルカの両前足をつかんで握手みたいにしている写真。もし気に入ったものがあれば買うことができます。

1枚16ドル、2枚で30ドル、3枚で40ドル。2人で4枚だと55ドルになる。けっこうな値段ですね。

いよいよイルカと遭遇へ

1列になり、スタッフの指示を受けながら、プログラムが進んでいくのだが、とにかく海が冷たい。

「ハワイの11月の海ってこんなに寒かったっけ?」

と思うほど寒かったです。風も吹いてるから体温が奪われる。ダイヤモンドヘッドのせいか、3時過ぎにはだんだん日光が当たらなくて気温も下がり寒かった。

ただし、今日は人数が少なかったのでまだいいらしかった。人数が多かったら時間がかかってヤバかったかも。

それにしても生のイルカはやっぱりいい。とてもいいものだった。皮膚の感触は聞いていたとおりゴムっぽかったけど(^_^;)

結局、後で写真を2枚も買ってしまった。それがこれです。

ドルフィンエンカウンター イルカ

ノドが乾いたので飲み物を売ってるところを探したのですが、園内に一応、自動販売機はありました。値段はコーラも水も3ドルくらい。当時の日本円で300円くらいで正直、高い。

DSC08425

またバスの中も冷房で寒いので上着が必要です。また着替えてからイルカのプールへ行くまで歩くときに、けっこう長い距離を裸足で歩きました。

こんなときはクロックスみたいなビーチサンダルがあるとよかった。ぬれてもいいサンダルがあると非常に役に立ちます。

4時15分にはすべて終わり、バスに乗り込みました。疲れていたので直接ホテルに送ってくれて助かりました。

ハワイのイルカ関連のツアーって?

ハワイ旅行に行く前の自分のイメージではイルカと一緒に海に入って泳ぎながら触ったりするというものでした。

しかし実際にツアーを調べるともっといろいろなタイプのツアーがあることが分かりました。

私たち夫婦が参加したツアーはプールのような場所で飼育されたイルカとタッチしたりキスしたりする形式です。

おすすめなのはハワイのイルカツアーで一番有名な「名門イルカ大学」。

こちらはオアフ島の手付かずの自然が残るウエストコーストで野生のイルカと一緒に泳ぐツアーが楽しめます。

また季節によってはアラスカ沖からザトウクジラが出産・子育てのために南下してくるそうで、12月から4月くらいのツアーに参加すると、運がよければクジラと遭遇できるとか

他にも観光用の潜水艦に乗って海底アドベンチャーを味わえるツアー「アトランティス潜水艦」というのもあります。

海底に沈んだ艦船や航空機の残骸に群がる色とりどりの魚を見れるそうで、すごい楽しそうですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。