両替 成田空港

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
no

成田から出国するときの手続きは案外簡単でした。デルタ航空の受付で荷物を預けてから出発間際まで時間を潰し、その後に税関を通ってボディチェックや荷物検査するだけ。案ずるより産むが易しです。

初めての成田空港!

まずは成田空港へ入ります。

駅に到着しました。成田空港行きの電車に乗り、デルタ航空なので第一旅客ターミナルで降ります。

成田空港

国際線なので搭乗の2時間以上前には到着しました。駅の改札を通る前に簡単なチェックがありました。パスポートを見せて通過します。

不法な出国をチェックするための簡単な審査でチラッと見せるだけですぐ通過できました。

初めての両替をしました

その後はJTBのカウンターへ行き、航空券のチケットを入手します。ところが、行く途中に京成電鉄?の両替カウンターがあったので、こちらで3万円分を換金しました。

当時、レートは1ドルちょうど100円前後。300ドル、日本円でちょうど3万円くらい換金して手数料は450円でした。手数料は1ドルあたり1.5円ですね。

ちなみに大黒屋などチケット屋では1ドルあたり2円くらいです。ハワイでも同じくらいです。

よくどこで両替するのがお得ですかという質問がありますが3万円くらいならどこで両替しても同じです。数十万も両替するなら大きな違いでしょうけど(^_^;)

とくにハワイ初心者の場合は成田空港である程度の現金を両替して、あとは現金とカードで対応し、どうしても不足した場合のみ現地の両替所で両替するのがいいと思いました。

そこのスタッフの方のすすめで1ドルや5ドル紙幣を細かく混ぜての両替です。チップを払うときに1ドルや5ドルが必要になってきます。

ついでに必要になるかもと思って貴重品袋も購入しました。海外用のWi-Fiもここでレンタルできるようです。

デルタ航空にスーツケースを預ける

その後にJTBのカウンターへ行き、事前に送られてきた旅行日程表など書類を見せて今回の航空券の往復チケットを入手します。

スーツケースが邪魔なので今度はデルタ航空の受付に行って荷物を預けます。

てっきり国内線のように壁際にあるカウンターへ行くのかと思いきや、広い空間の一角にデルタ航空のカウンターがあり、自動券売機のような機械で自分で手続きをします。

CIMG5898

もちろんやり方が分からないのでそばにいる日本人スタッフの方に一から教わります。パスポートと航空券が必要です。手続き自体はすぐ終わりました。

ここでようやく身軽になり、成田空港の駅内のショッピングエリアで時間まで暇つぶしです。

ちなみにデルタ航空に預けるスーツケースのサイズの制限ですが、重さ50ポンド(23kg)以上、あるいは3辺の合計が157センチ以上は追加料金が発生するようです。

手荷物重量 51-70 ポンド:100 USD
手荷物重量 71-100 ポンド:200 USD

シオゾーはレンタルでLサイズのものを借りましたが全然問題ありませんでした。古いスーツケースを持っている方はもしかして引っかかるかもしれませんね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。