ハワイ チップの払い方

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
okane-dollar

ハワイ滞在中、お店に行くたびに悩ましい問題でした。会計方法がテーブルかレジによってチップの払い方も変わってきます。またベッドメイキングの人に渡すチップを枕元においておくというのも慣れない習慣でした。チップ用にお札を用意する必要もあります。さっと取り出せるようにマネークリップがあれば便利かなと思いました。

頭に入れておきたい現地のチップの支払い方とは?

ハワイに限らず、海外では当たり前の習慣であるチップの支払いについて、特にレストランでのチップの渡し方について紹介します。

・旅行会社のツアーで予約した場合
HPにチップ代込みかどうか書いてあると思います。よく確認しましょう。チップ代込みの場合はチップの支払いは必要ありません。

・伝票にチップ代込みの料金が書いてある場合
伝票にもし「Gratuity」とか「Survice charge」「Tip」などと書かれており、その料金が料理代の15~20%ならばそれがチップです。そのまま支払いましょう。

もし「Tip:______ 」とあれば自分で書き込むことになります。電卓でサッと計算しましょう♪

・伝票にチップ代が含まれていない場合
日本人客はチップの習慣がなく忘れて帰るお客さんもいるため、店側で伝票の裏側にスタンプで「チップの料金は15~20%くらいです」とわざわざ書いてあるお店もあります。

日本人観光客が多そうな人気レストランはそういう対応が多いと思います。テーブルで会計の場合はチップの紙幣を挟んで給仕してくれたウェイター・ウェイトレスに渡しましょう。

・店を出るときにテーブルの上に置いておく
今回、私たちの行ったお店ではこのパターンはありませんでした。個人的には紙幣をテーブルに置いてから店員が取りに来るまでの一瞬の間に隣のテーブル客にかすめ取られてしまうのでは?と心配になりますが・・・。

・ファーストフード店、フードコート、屋台
マクドナルドやコーヒー屋さん、ショッピングセンターのフードコート、ストリートの屋台など、列に並んで買うようなお店ではチップは必要ありません。ただし食べ物を持ってきてくれたりした場合はチップを払う人もいるようです。

・ホテルのプールサイドでドリンクを注文した場合
1杯運んでもらうごとに1ドル渡す人が多いようです。このようなやり方をC.O.D(Cash on derivery)といいます。

実際はバラバラだったチップの支払い方法

実際にチップを支払う段階になるとお店の対応はかなりバラバラでした。

まずどこで払うか?テーブルで会計を済ます店はテーブルで完結します。レジで会計する場合はレジで払います。

チップはいくらなのか?自分で計算するのか、目安の%の数字が伝票の裏に買いてあるか、最初から料金に含まれているのか?

チップは誰に払うのか?テーブル担当がいる場合はその人に、いない場合はレジで、など。

毎回、他のテーブルの日本人客がどうするのか横目で見ながら確認していました。以下、実際のお店のチップの支払い方法です。

まきの茶屋マキティ

DSC08343ハワイに着いてからネットで検索して見つけたのが、ホテルの近くにあったポリネシアンショーを見せてくれる食べ放題形式のお店、まきの茶屋マキティです。予約なしで、行列に並んで入りました。

ハワイで最初に入ったレストランなのでチップの払い方が分からずドキドキです(^_^;)

テーブル担当のスタッフがいるのかどうかよく分からないが、会計はレジで済まします。チップは誰に渡せばいいのか分からず、レジで払うときに1ドル余計に渡してみたが、そのまま返されてしまった。

それ以上、何も請求される様子もなかったので、奥さんと2人で「このまま帰っちゃってもいいのかな?」とヒソヒソ話しながら足早に店を後にしました。

結局、この店でのチップの払い方は全然分かりませんでした。

この店で困ったのは「伝票、お願いします」が英語で言えなかったこと。たまたま自分たちのテーブルに伝票がなく、店員を呼び止めても「伝票」が分からず非常に困りました。

ちなみに伝票、お願いしますは「チェック、プリーズ!」でOKです。

>>まきの茶屋マキティの記事はこちら

 

イタリア料理店アランチーノ

アランチーノハワイに行く前に友人に教えてもらったおすすめのお店です。ここだけは必ず行こうと思ってました。

ハワイでアランチーノというと、テレビでよく取り上げられるのはザ・カハラ・ホテル&リゾート内にある、2013年にできた新しいアット・ザ・カハラ店でしょう。2013年に放送された「有吉の夏休み密着100時間in Hawaii」でもガッツリ出てました。

他にもワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート1階にある「アランチーノ・ディ・マーレ」という系列店があります。しかし、本店はワイキキ・ビーチウォークの裏通りにあるビーチウォーク店の方です。

私達の泊まったホテルから歩いていける距離だったので本店へ行きました。お店の前にはすでに何人か待ってる人もいましたが、幸い、5分くらいですぐに入れました。

ここはテーブル担当にイケメンのお兄さんがいました。日本語は通じないけどいろいろと英語でメニューをおすすめしてくれます(ほとんど意味が分からないけど)。

近くに座ってる日本人女性二人組の会計を見ているとテーブルで会計するパターンのようです。食べ終わって担当さんが置いていった伝票を見てみると注意書きが書いてあります。

日本人や中国人が多いのでしょうか、何種類かの言語でわざわざ「チップの相場は15%くらいです」と書かれていました。しかもご丁寧に伝票の下の方に代金の15%はいくらか書いてあります。

今回の私たちのチップは8.25ドルです。8ドル分の紙幣を用意して、伝票にクレジットカードと8ドルを挟んで店員さんに渡しました。

幸い、チップは受け取ってもらえたようですが、最後まで「これでいいのかなぁ?」と確信の持てないままお店を出ました。隣にいた外国人客とはどうも対応が違っていたので観光客向けの伝票をわざわざ用意しているのかもしれませんね。

>>アランチーノの記事はこちら

 

ショアバードレストラン

DSC08517旅行会社のツアーのオプションであらかじめ予約しておいたお店です。海沿いにあって夕焼けが見れるので入り口はけっこうな行列でした。予約なしでは入れなさそうです。

案内されたテーブルは奥の方でしたが、テーブル担当はいます。日本語は話せませんが、必要なときは話せる店員を呼んでくれるからメニューの注文などは心配ありません。

さて会計方法ですが、あらかじめツアー代金で支払っているので、今回払うのは追加で注文したビール代くらいです。チップ代は必要なかったです。

支払いはテーブルで済ませます。店員を呼んで伝票にクレジットカードを挟んで渡すとレシートを挟んで持ってきてくれます。店側のコピーにサインして残りのレシートやお客様控えは持ち帰ります。

今回はチップなしでしたが、ツアーで申し込んだお店が全てチップなしかどうかはお店によるので実際に行ってみるまでどうなるか分からないと思います。

>>ショアバードレストランの記事はこちら

 

ザ・オリジナルパンケーキハウス

CIMG6255ハワイに着いてから観光本を見て決めたお店です。アラモアナショッピングセンターから歩いていける距離にあるので行ってみました。人気店のせいか、入り口には案の定、行列が。順番待ちの紙に名前を書いて入り口付近で待ちます。20分ほど待って入ることができました。

さてチップの払い方ですが、我々が日本人だと判断したからでしょうか、伝票の裏側にスタンプで「チップは含まれておりません。15%~20%、お願い申し上げます」と押されています。なんて分かりやすいんでしょうか!

今回の食事代が23ドルだったので、計算して4ドルのチップを渡すことに。合計27ドルを用意して伝票を持ってレジへ向かいます。

そのままチップ代込みでお金を渡してみると、何事もなく店員が受け取って終了!そうか、このやり方でよかったのかと勉強になりました。

>>ザ・オリジナルパンケーキハウスの記事はこちら

 

.

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

「ハワイの会計・チップの払い方」人気記事