ハワイ クレジットカード おすすめ

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
三井住友VISAカード

ハワイではクレジットカードはVISAとJCBがあれば大丈夫です。といっても自分はVISAだけで十分でした。JCBがあると便利な理由とは?

ハワイで使えるクレジットカードとは?

まずクレジットカードが必要かどうか?

これは必要です。ハワイといえども外国ですから治安は日本とは違います。一歩、裏道に入ればワイキキでも強盗に遭う可能性だってゼロではありません。

つまり不用意にお財布に現金がたくさん入っているのを見せるのは危険なのです。レストランやお買い物などお財布の中身を見せる機会はけっこうたくさんあります。

その財布の中にもしお札がぎっしり入っていたら・・・

ただでさえ日本人はお金を持ってると思われているし、トラブルを避けたがるのでちょっと脅せばすぐに財布を差し出すと思ってます。いわばカモにされやすいです。

だからクレジットカードで済ませることができるなら全部カードで支払いするのが基本です。

もちろん、屋台など現金以外はダメなところもあるのである程度は持っておくといいです。シオゾーの場合は5泊7日の旅でしたが、成田で両替した3万円をほぼ使いきりました(^_^;)

 

ハワイではどの種類のクレジットカードがいいのか?

1枚しか持っていないと無くした場合に本当に困るので2~3枚持って行きましょう。できれば種類の違うカードを。

仮に現金を盗まれた場合でもカードがあればキャッシングで引き出せます。その際に限度額があるので、2~3枚あれば安心でしょう。

もし1枚しかない場合、いつの間にか限度額に達していて、買い物やレストランでいきなり使えなくなる可能性もありますから。

VISA・MASTERならどっちでもOK。シオゾーはVISAのライフカードを持って行きました。

アメリカンエクスプレスカード。こちらは店舗側がカード会社に払う手数料がやや高いこともあって敬遠されがち。最初から使えないお店も多い。

JCBのカードを持っているとトローリーバスに乗れるのでワイキキ周辺の移動用に持っておくと便利かも。

あとはゴールドカードが何かあれば成田でラウンジを利用できます。成田での時間潰しにラウンジを利用したい人はゴールドカードもあるといいですね。

シオゾーの場合はVISAのライフカード、MUFGのゴールドカード、JCBのANAカード(全く使わなかったけど)を持って行きました。

このうち実際に現地で使ったのはライフカードです。

現地でのクレジットカードの支払い方とは?

最初にワイキキのABCストアで水着を買ったときはカード払いのやり方が不安で現金で支払いました。

2度目にABCストアで買い物した時は、前の外国人客の支払い方をジット観察してました。

すると、レジ横のカードリーダーにカードをスッと通して、何やら4桁の暗証番号を打ち込んでいます。

クレジットカードの暗証番号か・・・

ん?あれっ?ライフカードに4桁の暗証番号なんてあったっけ?

自分の記憶をいくらたどっても4桁の番号なんて思い出せないのです。でも次は自分の番です。どうする?

結局、出たとこ勝負で会計のときにカードを出してみたところ、店員はカードリーダーを指したので自分でスッとカードを通しました。

すると店員はレシートの店舗控えにサインしろと言い、ペンを差し出します。

なるほど、ライフカードの場合、サインでいいのか!と納得。以後の買い物が非常に気楽になったのを覚えています。

なお、店によっては電子ペンで画面に書き込む場合があります。サインはもちろん日本語で書きました。

なお、別のカードで支払った奥さんもサインしていたので、たいていのカードはサインでいけるのでは?と思ってます。

カード会社によっては4桁の暗証番号がある可能性もあるので、ハワイに行く前に確認しておくといいでしょうね。

 

クレジットカードの海外旅行保険とは?

JTBでも掛け捨てでいいから加入するようにすすめられたのが海外旅行保険です。ちなみにこの時は4~5千円かかるので加入はやめました。

今はクレジットカードに元々付帯しているものが多いのでそちらを利用するといいでしょう。

海外旅行保険はさっくりと分けると「傷害保険」と「盗難保険」があります。

傷害保険は海外でケガしたときの保険です。カード会社により2,000万円から最高1億円までいろいろあります。

盗難保険はカードを使って購入した商品が盗まれた場合に補償してくれる保険です。こちらは渡航90日間という期間が設定されていることがあります。

もし3ヶ月以上滞在する、あるいはもっと危険な国に行く予定ならば別途、きちんと海外旅行保険に入っておくことをおすすめします。

ただし上記の海外旅行保険は「カードを持っているだけでいいケース」と「カードで旅行代金を支払わないといけないケース」に分かれます。

自分の持っているカードがどちらなのかチェックしておく必要があります。

 

おすすめのクレジットカードは?

クレジットカードを持っていないのでこれから作りたい!、という方のために何種類かおすすめしておきます。

ハワイラブカード<ゴールド>

ハワイを愛するハワイ愛好家のために作られた、
デザインもサービスもハワイに特化した日本初のカードです。

ハワイラブカード

■特徴

年会費:10,000円+税
初年度:無料
傷害保険:最高5,000万円
盗難保険:300万円 カード購入による商品を補償(90日間)
ポイント:1,000円(税込)につき1ポイント付与。マイル交換可能
カード発行まで:2週間〜1ヶ月

■その他

帰国時に1人1個まで空港からスーツケースの無料配送サービスあり。
空港ラウンジも利用可能
国内旅行の傷害保険も最高3000万円までついてます。

カードを提示するだけで日本、ハワイのレストラン、雑貨、ファッション、レンタカー、エステ、ウェディングなど数百店におよぶハワイ関連のお店で割引やプレゼントあり。

JCBなので、カードを持ってるだけでトローリーバスに無料で乗れるのは何気に便利だったりします♪また現地で病気になっても海外保険で最大300万円まで補償されます。

三井住友VISAカード

テレビのCMでも有名な三井住友VISAカード。最初にぜひ作って欲しいカード。

三井住友VISAカード

■特長

年会費:1312円
初年度:無料
傷害保険:最高2000万円 ※海外
盗難保険:カード購入による商品を補償(90日間)
ポイント:1.0~5.0%(期限2年)
カード発行まで:約10営業日

■その他

不正使用を防ぐ顔写真入りのカードの作成が可能
申し込みからカード発行までの期間が短い
クラッシクカードAの場合、海外付帯保険が海外だけでなく国内の旅行も適応される

セゾンブルー アメリカン・エキスプレス

アメックスはステイタスもあるので年会費も高め。海外でも信用度が高いのでホテルでも身分証明書がわりになってくれます。

セゾンブルー アメリカン・エキスプレス

■特長

年会費:3,150円
初年度:無料
傷害保険:最高3000万円 ※海外は持ってるだけで補償される
盗難保険:100万円 カード購入による商品を補償(120日間)
ポイント:0.8~1.05%(永久不滅ポイント)
カード発行まで:約3営業日以内に郵送

■その他

帰国時に1人1個まで空港からスーツケースの無料配送サービスあり。
空港ラウンジも利用可能
海外用Wi-Fiの割引
国内旅行の傷害保険も最高3000万円までついてます。

楽天カード

楽天カード
■特長

年会費:無料
初年度:無料
傷害保険:最高2000万円 ※楽天カードで支払った場合、出発から3ヶ月後まで
盗難保険:カード購入による商品を補償(90日間)
ポイント:1.0%(期限なし)
カード発行まで:約3~4日

■その他

カードはMASTERで多くの場所で使える。
カード発行だけで入会特典として楽天ポイントが2000ポイント、キャンペーン中なら8000ポイントつくことも。
審査が甘いのでフリーターでも発行してくれる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。