ハワイ お茶

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
DSC08535

昼間は冷たいお茶でもいいんですが、夜はやっぱり温かいお茶が飲みたくなります。でもハワイでお茶を飲むのは思った以上に難しかったです。

 

ホテルで電気ポットを借りるには?

ハワイに来て一番困ったこと。それは温かくて美味しいお茶を飲めなかったこと。

まず部屋には電気ポットがありません。ここが日本とは違います。

ホテルのフロントに行って「電気ポットを貸してください」と頼まないといけません。

でもこの「電気ポット」を英語で何というのか分かりません。

電気=electric?、ポットはpotかkettle?

実際にフロントに「electric kettle」と言ったら通じませんでした。

フロント「・・・kettle?」
シオゾー「YES!」

後で調べたら分かったのですが、北米では湯沸かし=電気ポットが普通なので、単に「kettle」と呼べばよかったようです。electricは必要なかったみたいです。

 

ハワイで売ってるお茶の味は?

ハワイではお茶のペットボトルは3ドルします。ミネラルウォーターは1ドル前後なのでお茶だけやけに高いです。

日本人が買っていくから高くしてあるのかなと思ってしまいます。これを日本の感覚でポンポン買うとお金がかかるので自分で作った方がいいです。

冷たいお茶を作るなら粉末茶をペットボトルに入れて振れば簡単にできるでしょう。これも賢いやり方だと思います。

でもシオゾーは昼間は普通のミネラルウォーターで十分で、夜は温かいお茶が飲みたかったです。

ということで温かいお茶を飲むためにティーパックや粉末のお茶を探したのですが、まずABCストアには売ってません。

コンビニのローソンにはありませんでした。セブン-イレブンにはかろうじて山本山のものがありました。

DSC08535

正直、こんなに見つけるのが大変だとは思いませんでした。

さっそく帰ってからお茶を入れてみました。

・・・何これ?

色がほぼ黄色です。なんか味がうすくてマズイです。よくオフィスにある自動給湯器のお茶、あるいは食堂のうっすい味のお茶のようです。思った以上に不味かったです。

ということで断言します。

温かいお茶を飲みたいなら日本からティーパックか粉末茶を持って行くべきです。現地ではほぼ手に入りません。

後にドン・キホーテに行ったら一応、それらしきものがありましたが、ワイキキビーチの近くでは手に入らないので持って行くのが無難です。

ハワイの食べ物を食べていると無性にお茶を飲みたくなりますよ。もう日本人の習性ですね。

なお、クチコミによると、ハワイに行くときにスーツケースに500mlのペットボトルを2本入れても全く問題ないそうです。

着いてからすぐ飲めるし、1リットルもあればけっこう持つでしょう。次回、ハワイに行くときはこの作戦でいこうかな。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。