機内 持ち込み サイズ

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
img-03

機内持ち込みで一番注意が必要なのが液体です。規定では100ml以内の容器に入れて1リットル入りのビニール袋に入る分だけということです。女性の方は乾燥対策に化粧品を持ち込むことが多いので気をつけましょう。

機内の持ち込みのサイズとは?

どこの航空会社も無料で預ける荷物(無料受託手荷物と言います)、機内に持ち込む荷物にサイズ制限を設けています。縦・横・長さの3辺の合計が○○cm以下、○○kg以下というやつです。

超過した場合は超過料金がかかり、1万円くらいする場合もあります。帰りにお土産買いすぎて重さがオーバーしてしまったというケースもあるので気をつけましょう。

具体的には航空会社によって少し数字が異なる場合があります。

デルタ航空の場合、

無料受託手荷物:3辺の合計が62インチ(157cm)以下、重さは50ポンド(23kg)以下
機内持ち込み荷物:ハンドルやキャスター全て含めて45インチ(114cm)以下

※重量制限を超過した場合:51-70ポンド:100ドル、71-100ポンド:200ドルの課金がある。

 

機内の持ち込みの液体とは?

国際線を利用する場合、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は「航空機内持ち込み禁止」になっています。

持ち込む場合はパッケージする方法について指定があります。

img-03

100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れること。

※100ml以下の容器であったとしても、透明のプラスチック製袋に入っていない場合は持ち込みができません。

※透明プラスチック製袋の持ち込みは、お客様お1人につき1つのみ。

※利用できる透明プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下

容器やビニール袋は100円ショップでも売っています。奥さんもそこで全部揃えていました。機内は乾燥するから化粧水や保湿クリームが必要だし、コンタクトだと目が乾くので目薬も必要になります。

ちなみにですが、これらのチェックを受けるのは手荷物の検査のときです。トレーの上に出して係員の検査を受けるときのアレです。

だから出国手続きの後に買ったものなら検査なしで機内に持ち込むことができます。シオゾーは500mlのお茶のペットボトルを買って持ち込みましたが、特に問題はありませんでした。この辺は国内と一緒ですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。