ハワイ アサイーボウル おすすめ

初めての海外旅行はハワイが一番!~新婚旅行日記~
CIMG6023

ハワイのカフェが日本と違うところ

アサイーボウルが出来上がるのを待っている間もカウンターのそばにずっといて観察していたのですが、基本、ハワイでは日本ほど手取り足取りお客にかまってくれません。

注文したものをカウンターの奥で作り、出来上がると受け渡しカウンターにドン!と置いて、商品名かアラームの番号を呼んで終わりです。

あとは誰が持って行こうが知らんぷりです。他の誰かが勝手に持って行っても多分分からないでしょうね。

呼ぶ声が聞こえずお客がいつまでも取りに来ないこともあります。コーヒーや温かい食べ物はどんどん冷めていきますが、店員は興味がないようです。

だから待っている間はカウンターのそばから離れない方がいいです。

あと、基本、日本語は全然通じません。日本語ができる店員もいません。その辺は覚悟しておいた方がいいですね。

アサイーボウルを食べてみた

さて受け取ったアサイーボウルを持って今度は移動です。ロイヤル・ハワイアンセンターを出たら建物をすぐ右に曲がって細い道を通り、海岸に出ました。

位置的にはロイヤル・ハワイアンセンターの隣がモアナサーフライダーのあるモアナホテルで、その隣がワイキキビーチ交番です。ここからだと宿泊するシェラトンも近いし、デューク・カハナモク像のあたりは座る場所がけっこうあります。

すでにビーチは人でいっぱいで、ちょっと座れるような場所もなかったのでカハナモク像まで移動することに。

でも普通のスニーカーで海岸を歩くのはけっこう疲れます。しかもけっこう距離があります。まあ、歩きながら目の保養もさせてもらいましたが(^_^;)

到着してさっそくアサイーボウルを食べることに。

CIMG6023

容器の大きさはカップラーメンくらいの量があります。アサイーのシャーベットの上にグラノーラ、周りにバナナを敷き詰めて中央部分にはイチゴとブルーベリーが乗っかっています。

2人で食べましたが、最初はシャーベットがけっこう固かったんですが、移動している最中にちょうどよい固さになり、食べやすかったです。でもすごく冷たいので一気には食べられなかったです。

とりあえずこれでアサイーボウルを食べるという目的は達成できました。でも、もっと他のアサイーボウルも食べてみたくなりました。次回は別の店にも行ってみたいですね。

日本でもできるアサイーボウル

アサイーボウルを最初に知ったのは水道橋博士の「博士の異常な健康」という本に、「ヒクソン・グレイシーも食べている南米の奇跡のフルーツ」と紹介されていたからです。

ブラジルではお馴染みのフルーツのようで、栄養価が高く、ポリフェノールも豊富に含まれています。アンチエイジングとか美容にもいいので女性に大人気ですよね。

ただし、本が出た頃は日本ではだいぶマイナーで、食べるには取り寄せるしかありませんでした。

見つけたのは楽天のフルッタフルッタというお店。ここはブラジルから直輸入しているお店でピューレを凍らせたものを冷凍で送ってくれます。

product_img_12

冷蔵庫で一晩置いておくといい感じで溶けてくるので、そのままヨーグルトやフルーツの上にかけて食べます。

アサイーボウルにするならアサイーの上にグラノーラ、フルーツを乗せる感じでしょうか?

>>アサイを買うならこちら

ちょっと高いですが、毎朝の習慣にするといいと思います。参考までに。

アイランド・ヴィンテージ・コーヒーの詳細

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー
https://www.islandvintagecoffee.com/

場所:ロイヤル・ハワイアンセンターC館2階
営業時間:6:00~23:00
休日:年中無休
支払い:カードOK
日本語メニュー:なし
アサイーボウル:8.75ドル

コナコーヒーの中でも収穫量の少ない貴重な豆のピーベリーにこだわる専門店。フレッシュさを保つために毎日少量ずつローストしている(「地球の歩き方 ハワイ」より)

アクセスのいいロイヤル・ハワイアンセンターSC内。マグカップのような器で出てくるアサイボウルは上にかかったオリジナルハニーが程よい甘さをプラス。アサイベースはまろやかで、クセのない安定した味わい。オーガニックも選べます(「anan」より)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。